ひよこの想ひ出シリーズ タイピングソフト編②

当時おばけとか宇宙人とか得体の知れないものが大好きだった(今もですが)私は

パッケージをみてビビビときてしまいました。

 

 

 

恐怖新聞の作者、つのだじろう先生の大ファンだったそうです。

 

 

 

 

ゲームでもなんでも家に帰るまで待てず、車や電車の中で説明書を読んでしまうタイプです。

最近のゲームは説明書が入っていないので少し寂しいですね。

 

後にも先にもおきよめの塩が入っているソフトはこれだけでした。

 

つづきます

Advertisement