なれそめ編⑧【告白〜ジャパ○ット田中の場合〜】

 

いつも見ていただきありがとうございます!

前回の続きです(●´ω`●)

 

公園に誘われたのでついていくと…

 

 

ベンチが満員だったので、丸太の上に座りました。

 

 

座るとすぐに

 

告白されました。

いや、なんか公園行く時点で告白されるような気はしていたけど、唐突すぎておったまげました。

 

目のやり場がなくて、ブレイクダンスをしている男とずっと見つめ合っていました。

 

「波長が似ている」からという理由での告白。

うーん、弱い!

もっとこう、「前から気になってた」とか「優しさに惹かれた」とか

求めてるの、そういう感じ!

 

 

 

動機も弱いし劇団も忙しかったので、田中からの告白は断ろうと思いました

でもその場で断るのはかわいそうだと思い、ちょっと考えさせてもらうようお願いしました。

 

すると…

考えるのダメ、言われました。

以前Y子で痛い目を見たから、「相手に考えさせる時間を与えたら終わる」と彼なりに学習したのですね。

 

さらに、

とりあえず僕と付き合ってみようキャンペーンを提案してきました。

通販TVでよく見られる、人間の心理をうまくついたやりかたです。

 

まんまとのせられてしまった私は、「じゃあ、とりあえず付き合ってみようかな」という気持ちになってしまいました。

こうして、奇妙な2人のお付き合いが始まったのでした。

 

あれから10年近く経ちましたがまだ返品せずに済んでいるので、あのとき決めておいて良かったなぁとしみじみ思います。

 

次回につづく…!

 

☆お知らせ☆

NAPBIZブログのアプリがリリースされました(❤︎´艸`)

更新通知が届くので、もし良かったら以下からアプリで読者登録をお願いします(*´꒳`*)゚*.・♡

 

Advertisement