なれそめ編②【記憶を失った男】

【いままでのお話はこちらから】

なれそめ編①【嘘つき男と勘違い女】

 

前回、失礼極まりない嘘つき男「田中」と出会った私。

(田中ですらなかったのですが、便宜上彼のことはブログでは田中と呼ばせてください。)

 

 

 

 

「次会ったらギャフンと言わせてやりたい。」と思い、

血眼になって田中を探しました。

 

 

いました!!

トレードマークの金髪が仇となってすぐ私に見つかってしまいました。

この日、たまたま同じ講義をとっていたのです。

 

できるだけ怒りを顔に出さないように、「どーも」といって隣に座りました。

 

私の顔を見るなり、

「すみません…」と謝ってきました。

 

 

田中のことだ。どうせ開き直るんだろ!と思っていたので、謝罪から入るのは意外でした。

 

 

しかし散々コンパで嘘をつかれた私。「さぁ、何から謝ってくれるんだい!」と構えていると、

 

 

 

 

記憶を失っていた。

 

聞くと、

あの日コンパをはしごしていて、バドミントンサークルのコンパが始まった時点で既に泥酔状態だったそう。

誰と何を話したか、どうやって帰宅したのかすら覚えていないと言っています。

 

 

おい私のドキドキを返せ。

 

 

事情を話すと、めっちゃ謝罪してきました。

そして、カバンの中からお詫びのDARSを取り出したのです。

 

 

「どうして私がチョコ好きって知ってるのぉ?!」

女子だったら大体チョコ好きだろ!と突っ込みたくなりますが、

当時の私は驚きと興奮を隠しきれませんでした。

チョコ1つで機嫌が良くなるチョロい女です。

 

 

 

そしてなにより…

 

男からプレゼントをもらってしまった!!

「この男、私のこと好きなの…?」(デジャブ)

 

 

記憶を失ってもなお私の心をかき乱す恐ろしい男、田中。

 

次回、ライバル登場!絶対みてくれよな!

 

 

 

 

 

 

Advertisement